八岳の滝

FC2 3-2M_DSC0049170827
八岳(やたけ)の滝は最近は訪れる人が少ないのだろうか
という自分も地元にいながらいつもついでに立ち寄る程度
そのためいつも光の具合がよろしくない
光の具合は午前中の方が良さそうです

2017年8月27日 小海町稲子
NIKON D810 AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED


写真(風景・自然) ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

森歩きの楽しみ

降っては止む小雨の中を、少し歩いては立ち止まり
トウヒやコメツガ、シラビソを眺めたり、苔蒸した倒木の上を、きのこや虫を探して見たり
色々浮かんでくる想念の相手をするともなくして見たり
そうやって一日歩き周り、森を出る頃には
澄んだ心の底の方からじわっと、何か笑って見たくなるような気分を感じることがある

FC2 3-2L7R2036701707232017年7月23日 北八ヶ岳カモシカの森付近 SONY a7R2 FE 16-35mm F4 ZA


写真(風景・自然) ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

眼下の眺望

本当に久しぶりに高見石に登って見ました
年齢とともにバランスがあやしくなったので多少不安でしたが
三点支持で慎重に行けばまだまだ行けます
上がってみればこの眺望です
白駒池の向こうに荒船妙義から赤城榛名と上州の山々
さらに浅間山から湯の丸烏帽子までが一望の元です


FC2 3-2L7R203442170717-3 北八ヶ岳高見石 SONY a7R2 FE 16-35mm F4 ZA
(画像の上でクリックしていただくと大きな画面でご覧になれます)


写真(風景・自然) ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

輪廻の森

ここは白駒の池から高見石に向かう途中、登山道のいたるところに苔むした倒木が
一つの命の終焉が次の命を育む姿にしばし足を止めながら登ると、少し勾配のきついこのコースも苦になりません


FC2 3-2L7R203412170717-5 北八ヶ岳カモシカの森 2017年7月17日 SONY a7R2 FE 16-35mm F4 ZA

写真(風景・自然) ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

美しき輪廻

白駒池周辺の苔の森には数年前からもののけの森、カモシカの森など、愛称(?)がつけられました
場所を人に伝えるのには誠に都合がいいのですが、何かこそばい感じがしないでも
と言いながら便利に使わせてもらっているのですが
「白駒の池周辺の苔と原生林MAP」でググると即ヒットします
この木は一番人通りの多い白駒の池近くにあり、見慣れた木なのですが
半ば倒れながらなお成長する姿を改めて見ると、積み重ねて来た膨大な時間とエネルギーの重量のようなものを感じます


FC2 3-2L7R203393170717 2017年7月16日 北八ヶ岳白駒の森 SONY a7R2 FE 24-70mm F4 ZA


写真(風景・自然) ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

幸せへの夜明け

FC2 3-2L7R203302170716-3 2017年7月16日 北八ヶ岳白駒池 SONY a7R2 FE 24-70mm F4 ZA

おそらくブライダル関係のコマーシャル撮影クルーとお見うけしました
ひととおり撮り終え引き上げようとするところを「虹が出てますよ」と教えてあげると慌てて撮影を再開します
すみません顔は出しませんからとお声がけして、私もカメラマン氏の後ろからカメラを構えます
モデルさんの腕が樹林帯と重なってしまうのでもうちょっと下から仰ぎたいんですが
足元には本業のカメラマン氏がうずくまって仰いでいるものだからどうにもなりません
なにせ人の褌・・・(失礼)、人の土俵で相撲をとらせてもらっているようなものです
もうちょっと腕を上げてくんねーかいとはとても言えません
カメラマン氏を避けるため桟橋の杭に体をあずけ、湖面に身を乗り出ながらなんとか撮った一枚です
そのクルーが引き上げた後、横から「虹が出ましたね」と声をかけてくれた人がいます
よく見ると中西敏貴プロ似の人
美瑛の人がなぜここに、と不思議な気分でしたが確認したらご本人でした
後で調べたらTEAM CHAMPIONS CUP 2017 NAGANO(TCC)でいらしていたようです
おかげ様で私にとっては朝から何か二重に得したような幸せ気分の一日でした

(画像の上でクリックしていただくと大きな画面でご覧になれます)


写真(風景・自然) ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村