取水堰の朝Ⅲ

FC2 16-9M_7R28124180203
普段レンズを向けるところではありませんが

厳冬期の朝は時にドラマチックな姿を見せてくれます

2018年2月2日 佐久市杉の木
SONY a7R2 FE 16-35mm F4 ZA
スポンサーサイト

稲荷神社の宵

FC2 16-9M_7R28079180202
どうもこういうのを見るとお稲荷さんやいろんな神様達がどんちゃん騒ぎの真っ最中のように感じてしまう

千と千尋の神隠しが子供だけでなく大人の感性に与えた影響も大きいんじゃないかと思います


2018年2月2日 佐久市岩村田 鼻面稲荷神社
SONY a7R2 FE 16-35mm F4 ZA

はぜ小屋と浅間山

FC2 3-2M_7R28130180203-3
夜明けてから後、にわかに濃さを増し圃場を覆った霧

日差しの到達とともに勢いを減じると、ようやく浅間が姿を現しました


2018年2月3日 佐久市浅科

松原湖月夜

FC2 3-2M_7R27856180127-3
突然のゴゴゴゴッという音にギョッとした

湖の氷が軋む音だと気がつくのに少し時間がかかってしまった

本当に久しぶりに聞く音だった

2018年1月27日 小海町
SONY a7R2 FE 24-70mm F4 ZA

雪の朝

FC2 3-2MDSC03710170122
雪の朝は、なんでもない風景を劇的に変える


2017年1月22日 佐久市今井
SONY a7R2 FE 24-70mm F4 ZA OSS SEL2470Z

北相木村三滝(大禅の滝)Ⅱ

FC2 3-2M_7R27743180122高曇りとは言え、まともな順光では氷の色も冴えませんが
取り囲む秩父古生層の岸壁のテックスチャーが見事でした

SONY a7R2 FE 16-35mm F4 ZA


FC2 3-2M_7R27753180122
厳しい冷え込みが続いて大氷柱が完成するのが楽しみです
SONY a7R2 FE 24-70mm F4 ZA OSS SEL2470Z

新海三社神社 雪

FC2 3-2M_7R27792180122-2
ついた時にはすでにかなり暗かった

三重塔が闇に沈む前になんとか間に合った格好だが

やはりもう少し雪と明るさが欲しい



2018年1月22日 佐久市田口
SONY a7R2 FE 16-35mm F4 ZA

北相木村三滝(大禅の滝)氷柱

落差30メートルのこの滝は厳冬期に滝水が松かさ状に氷りつき、大氷柱に成長することで当地では有名な滝です

あいにく午後から大雪の予報でしたので、雪をかぶる前の綺麗な氷の色を撮影に行ってきました

この滝は最終的には落ち口まで伸びてゆきますが、まだ成長途中のようでした


FC2 3-2M_7R27771180122SONY a7R2 FE 16-35mm F4 ZA

FC2 3-2M_7R27787180122SONY a7R2 24-70mm F4 ZA OSS SEL2470Z
2018年1月22日 北相木村


◾️三滝について
三滝のある三滝山は禅宗の「大禅僧都(そうず)」により開山された信仰の山であり、広い地域で信仰されていたことを示す多くの石仏が建てられています。
その数は、県道から大禅の滝間に約30体、大禅の滝に約75体、浅間の滝に36体、他に7体の合計148体ほどなります。
三滝の内の、大禅の滝・小禅の滝の名もこの「大禅僧都」にちなんでつけられたものであり、浅間の滝は、火山信仰の浅間神社がまつられたことにちなんでつけられたものです。
浅間の滝は、別名を猪音(ししおとや)の滝といい、昔、猟師が猪を四方原山(よもはらやま)から三滝山に追うと、猪が崖から落ちて死んだことから、猪落としの滝と名付けたとされています。
北相木村HPより


取水堰の朝Ⅱ

FC2 3-2MDSC03818-170122
一年前の今頃撮影した画像

見落としていたというか、一年経つと違って見えるというか

撮りっぱなしでは成長はないですね


2017年1月22日 佐久市杉の木
SONY a7R2 FE 24-70mm F4 ZA OSS SEL2470Z

新海三社神社 なごりの雪

新海三社神社は古来佐久三庄三十六郷の総社。
主神は興波岐命(おきはぎのみこと)。
諏訪大社上社の祭神、建御名方命(たけみなかたのみこと)の御子。
建御名方命(たけみなかたのみこと)は大国主命(おおくにぬしみこと)の子であり、出雲より諏訪に移ったといわれる。
興波岐命(おきはぎのみこと)は諏訪より移り、当地方を開拓した祖であると伝えられる。
別名を新開神(にいさくのかみ)といい、佐久という地名はここに由来するらしい。
神社には主祭神興波岐命(おきはぎのみこと)、の他に件の建御名方命(たけみなかたのみこと)、さらに叔父の事代主命(ことしろぬしのみこと)を合わせまつるため、三社神社とよばれる。
境内は東御陵、中御陵、西御陵とよばれる三基の古墳に囲まれ、詳細は不明ながら神社創建の歴史との関係が大変興味深い。
また、この神社は廃仏毀釈の破壊から免れた三重の塔が境内にあり、明治以前の日本の神社では当たり前に見られた神仏習合の光景を今にみることができる。

初詣におとずれたこの日、裏手の古墳側に立ってみると、昨夜来の雪の名残が三重塔に降りかかり
それが新春の光にきらめいてとても印象的でした。

FC2 3-2M_7R26973180103




FC2 3-2M_7R27009180103



FC2 3-2L_7R26997180103大画面




2018年1月3日 佐久市田口 
SONY a7R2 FE 70-200mm F4 G OSS SEL70200G