みのりのに棄てば・・・  花巻


2014年9月22日 岩手県花巻石鳥谷


今日9月21日は宮沢賢治の亡くなって83回目の命日

方十里 稗貫のみかも
     稲熟れて 
み祭三日
     そらはれわたる


病(いたつき)のゆゑにもくちん
      いのちなり
みのりに棄てば
      うれしからまし

2首の歌を残し37歳でこの世を去った1993年岩手は空前の大豊作だったと言います
当時賢治が肥料設計をした(であろう)石鳥谷の田園は豊かに色づき、遠く早池峰、薬師方面も穏やか望め
このような穏やかな稔りの風景を見届けて逝ったのだなと思うと私でさえ、なにか救われたような気持ちになりました

賢治の亡くなった21日は毎年下根子桜の羅須地人協会跡地で賢治祭が行われるのですが
今年はあいにくの天候になってしまいました
どうか無事に開催できますように


※写真の撮影年月日が20169年9月22日になっていました。
  いくら器用でも未来の写真は撮れません、訂正させていただきました。 m( _ _ )m
 




写真(風景・自然) ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

下の畑へ  花巻市下根子

blog XGA-5935
2013年9月21日 花巻市下根子桜

花巻農学校を退職した賢治は、この地にある宮沢家の別荘で羅須地人協会を立ち上げます。

別荘の壁に掛けられた黒板に賢治が書いた「下ノ畑ニオリマス」と言う伝言はよく写真等で見かけます。

これはその下の畑にむかう道の途中の風景です。

何でもない田舎の風景ですが、この北上の空の様子は私にはふかく印象に残りました。

ちなみに自転車にのったこの方は、その下の畑の手入れに向かう地元のボランティアの方でした。

当時より若干場所は移動しているようですが、地元の方々の努力で畑は現在も維持されています。


きみにならびて野にたてば

blog XGA-2465
2015年4月29日 滝沢市

小岩井駅から七ツ森、小岩井農場、狼森と笊森盗人森、姥屋敷を経れば、ここ春子谷地湿原に至ります。

正面は岩手山、その手前が鞍掛山、画面右手は柳沢へ続くこの地は「春と修羅」「注文の多い料理店」等、賢治作品の主要な舞台です。



盛岡岩山公園の夜景

wallpaper FHD-2553
2015年4月29日 盛岡岩山公園

昨日紹介した岩山公園からの夜景です。

少し露出を間違えました。

それでなくてもこの、眼路をかぎりに広がる大パノラマのすばらしさはとても表現しきれないのに困ったもんです。

まあ、少しでも雰囲気を感じていただければ幸いです。

余計な世話ではありますが、機会を作って大切な人と一度ここを訪れてご覧になることをおすすめします。

生涯忘れ得ぬ思い出になるはずです。

かく言う私はまだですが。(-_-;




写真(風景・自然) ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

思い出のめがね橋

blog XGA-1579-2
2009年5月5日 遠野市宮守川橋梁

小岩井農場の一本桜が開花したそうです。

心がザワザワします。

休みが合いそうなので色々下調べをするなかでハテあの写真は、と思い出したのがこの一枚です。

何の予備知識もなく通りかかった場所ですが、手前の古い橋脚跡が、賢治の時代の岩手軽便鉄道のものだと知り本当に感無量でした。

また、シャッターを押してから撮影までのタイムラグがひどい当時のコンデジで、この瞬間を切り取れたこともあり、なおさら印象に残ったのだと思います。





写真(風景・自然) ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

小岩井の一本桜 2015

blog XGA-2334
2015年4月29日 岩手雫石


2008年に初めてここを訪れたとき、前年のドラマで一躍有名になったこの木の周囲は、観光客やテレビの取材やらでごった返しておりました。

人の多さにも驚きましたが、快晴の岩手山を後ろに従えたその満開の大木が、輝くように咲き誇っている姿にすっかり魅了されてしました。

昨年はレンズを向けるのも気の毒なほどウソに花芽を食べられてしまい、日の出以降は写真になりませんでした。

今年は今のところ食害はいとのことで期待はできそうですが、はたして開花のタイミングと休みが合うでしょうか。





写真(風景・自然) ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村