湯川渓谷にて Ⅲ

FC2 3-2M_7R28366180212-4

さしはじめたわずかな光を受けて輝くその姿は、まるで谷間の宝石


2018年2月10日 南牧村湯川渓谷
SONY a7R2 FE 70-200mm F4
スポンサーサイト

湯川渓谷にて Ⅱ

FC2 3-2M_7R28339180212-2

珍しくアイスクライマーもいない静かな渓谷で、先に撮影を終え振り返るとカメラマン氏のこのポーズ

失礼ながら数カット撮影させていただきました


2018年2月12日 南牧村湯川渓谷
SONY a7R2 FE 24-70mm F4 ZA

湯川渓谷にて

FC2 16-9M_7R28406180212-4
今年初めての湯川渓谷
今年は寒さが厳しいため氷柱はここ2、3年では一番ですがガクッと気温の緩むひもあるためか
一番付いていてほしいところがごっそり落ちていました
また成長するんだろうか


2018年2月12日 南牧村湯川渓谷
SONY a7R2 FE 16-35mm F4 ZA

晩秋の色彩

FC2 3-2M_DSC1755171112-2
どうしても撮りたい絵があり、入った湯川渓谷
覚悟はしていましたが季節はすすんでしまい今年はダメでした
帰り道
雨だれのように滴り落ちる水滴で遊んで見ました
晩秋の色彩だけ持ち帰った気分です


2017年11月12日 南牧村湯川渓谷
NIKON D810 AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II

初冬の趣

FC2 3-2M7R206265171112
更新をお休みしている間に季節はまた確実に進んでしまいました
穏やかに晴れた午後、カラマツもすっかり葉を落とし
木々はもう冬の装いです
激しく変わる天候の変化に体が慣れきらない時期
体調管理には気をつけたいものです


2017年11月12日 南牧村湯川渓谷
SONY a7R2 FE 24-70mm F4 ZA

湯川渓谷2017 Ⅱ

DSC05492-2.jpg

2017年2月4日 南牧村湯川渓谷

氷瀑を登攀中の女性クライマー

二本のアックスとアイゼンの爪だけで登攀するこの方法は、腕を絶えず心臓より上にしていなければならず

これが一番つらいんではないかと思いながら見学していました

ここは伏流水が落下するところが凍結した所ですので垂直で、クライマーは覆い被さるを登攀している感覚でしょう

体はザイルで確保されているとは言え、オトロしいことをするもんです




写真(風景・自然) ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

晩秋の谷 湯川渓谷

_DSC0296.jpg
2016年11月7日 南牧村湯川渓谷

カラマツ紅葉が真っ盛りの南牧村から

湯川渓谷牛首の滝周辺の様子を見に行ってきました

ここまでくるとカラマツも落葉を始め初冬の風情です

厳冬期の氷柱群を形成する湧水は、谷のあちこちから流れ落ち

晩秋の逆光を受けて、静かに輝いていました

(※画像をクリックするとさらに拡大します)





写真(風景・自然) ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村