おわら風の盆 陶酔考

DSC00217.jpg
2015年9月2日 天満町

夜が更け、公式の街ながしがおわると踊り手の多くは編み笠を背にまわしリラックスした雰囲気になります
考えてみれば当たり前の話ですが、けっこう暑いのだそうです
素顔の踊り手の皆さんは笠越しに醸し出す雰囲気から想像するよりはるかに若く、なにか不思議な感じに戸惑います
しかしその視線は安定し、表情からはおわらの世界に集中している様子が見てとれます




2015年8月23日 福島 おわら前夜祭

この踊り手さんの表情を見たときに、編笠がもつもう一つの意義が理解出来たように思いました
踊り手にとって編笠は外界の喧噪と自分を隔て、おわらの陶酔に深く没入するためのものなのではないかと
私には思えてなりません


_DSC7310.jpg
2016年9月3日 鏡町



おわら踊りの 笠着てござれ 

忍ぶ夜道は オワラ 月明かり


さらに夜も更けた午前3時、地方(じかた)衆がゆっくり唄いながら町内をながして行きます
話には聞いていましたが、町中を流れる用水の水音と溶け合うおわら節を直に聞いたとき
私にもおわらの陶酔感が味わえた思いがしました






写真(風景・自然) ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

おわら風の盆 聞名寺

八尾11町のほぼ中程今町にある聞名寺で行われるおわら演舞です
八尾は元々聞名寺の門前町として成立したといわれ、ここで踊られた踊り念仏がおわらの起源の可能性もあるようです


_DSC7608_201609092219078c9.jpg
所作の中に感じる匂い立つような気品と艶
実に花のある踊り手さんです



DSC00291.jpg

おわらの歌詞を染め抜いた町内の踊り手と異なり、風の文字をあしらった衣装、手には念珠
男性の法被の背中には浄心の文字があります、また所作に合掌が入ったりと聞名寺のおわらは特徴があります




_DSC7634.jpg
ここの踊り手は聞名寺 風の盆講中という信者グループの方たちであり各町内と異なり年齢や出身に制限はなく比較的ご高齢な方が多いようにお見受けしました



_DSC7689.jpg
2015年9月3日 八尾今町聞名寺
よほどの修練を積まれるのでしょう
まったく年齢を感じさせない洗練されたおわらの世界に時の経つのを忘れてしまいます





写真(風景・自然) ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

おわら風の盆 鏡町


八尾11町の中でも人気の高い鏡町です
かって花街であったこの町の男女の繰り広げる男女の踊りは艶やかさと華やかさがきわだっています
演舞の行われるこの、おたや階段下の広場はおわらを代表する舞台のひとつです

_DSC8106.jpg
月を見上げるキメのポーズに観客より拍手喝采が湧き上がります





_DSC8077.jpg
2015年9月3日 鏡町おたや階段下
鏡町の男おどりは他の町に比してキレと迫力がありますが、特にこの男性の踊りは素晴らしいものでした

_DSC7196.jpg


_DSC7174.jpg
2016年9月2日 
かかし踊りと呼ばれる男踊り
所作の多くは農作業に由来しているようです
四季踊りと呼ばれる女踊りの優雅さと対照的にその動きはダイナミックです





写真(風景・自然) ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村







おわら風の盆 下新町

下新町は八幡社舞台です
おわら踊りの衣装は、男は股引に法被、女は浴衣に黒帯、男女とも編み笠と決まっていますが、そのデザインは11町それぞれ特徴があり、慣れてくるとその柄でどこの町かがわかります。
なかでも下新町の女性の浴衣はそのあでやかさは際立っています。

 

おわらの踊り手は25歳までの未婚の男女
小学生以来訓練を積んできたその踊りは、所作ひとつひとつが洗練されており大変美しいものです



_DSC7136.jpg
隠すことにより女性の魅力をさらに増すこの編笠がなかったら、この祭はこれほどの盛り上がりにはならなかったのではないかと思います



_DSC7119.jpg
2016年9月2日 下新町八幡社境内
暗い中で、三脚、フラッシュ禁止のおわらの撮影は高感度とブレとの戦いですが
要所要所で決めのポーズ(専門的にはなんと言うんでしょう)が入るためそのタイミングでシャッターをおせばそれなりに映ります
しかし静から動へ移るその流れの美しさをなんとかしたい
などと考えていると来年もここにいるような気が・・・・・・・





写真(風景・自然) ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村







おわら風の盆 夕暮れ

まだ日差しのきつい午後3時、各町内の踊り手と地方(じかた)衆が集まり祭が始まります
この時間帯はながして歩くのではなく、一カ所で輪を作って踊る、輪踊りが中心でした。

_DSC6982.jpg



2016年9月2日 鏡町
踊り手たちの編み笠や着物にあたる日差しが時と共に変化してゆく
その様がとても美しいと思いました。



DSC_0032.jpg
2016年9月2日 西町
おわら節を奏でる地方衆は、三味線、太鼓、胡弓、歌い手、囃子方からなりますが歌い手は何人か交代で歌うのもよく見ます。


_DSC7010.jpg
2016年9月2日 諏訪町

行燈の灯火が夕闇に明るく浮かび上がるころ祭はいよいよ本番を迎えます



写真(風景・自然) ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村




おわら風の盆 その町並み

東新町、西新町、諏訪町、上新町、鏡町、東町、西町、今町、下新町、天満町と福島、おわら風の盆は坂の町八尾の11町内で行われます。
踊りは夜半から深夜にかけて行われるため昼間の町内はひっそりと静まりかえり、どこかけだるい気分が漂います。


2016年9月2日 八尾 東新町


   おわら踊りの笠着てござれ

   忍ぶ夜道は オワラ 月明かり



_DSC6965.jpg
2016年9月2日 諏訪町

   八尾おわらをしみじみ聞けば

   むかし山風 オワラ 草の聲



_DSC6950.jpg
2016年9月2日 諏訪町

行燈につけられた秋の虫の細工

風情あるおもてなしの心に観光客はみな笑顔で愛でて行きます





写真(風景・自然) ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村




おわら風の盆

今年も9月1日から3日にかけて富山八尾で、おわら風の盆が開催されました
立秋より二百十日のこの時期におこなわれるこの祭の独特の情調が、多くの人を惹きつけます
私が写真を再開する動機のひとつは、この祭を撮影することにありました
いまだ満足できる作品はひとつも出来ない難易度の高い被写体ではありますが
過去のものも含め何回かに分けて掲載してみたいと思います


2015年9月2日 八尾諏訪町

日本の道百選に選定された歴史ある諏訪町で行われた町ながし
公式の行事の終わった夜11時すぎは、気の合うものたちで自分たちだけの楽しみとしてリラックスしたなかで踊られるのですが
このときの男女の踊り手はきちんと編み笠を着け、地方(じかた)の方も含めほぼフルメンバーでながしてくれました
これは深夜2時を過ぎても、なお大勢居残る観客へのサービスであったのだと、今にして気がつきました




写真(風景・自然) ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村