スポンサーサイト

福寿草

DSC06786-2.jpg
2017年2月26日 うちの庭



DSC06786.jpg
2017年2月26日 うちの庭

咲き始めた庭先の福寿草を撮影しようと外に出たら日が陰ってしまった
待っていてもなかなかお日様はでてくれない
だいたい午後もこんな時間になってから出てきたって蜂だって飛んでくれないさ
しばらくぼんやりしていたら隣のにゃんころりんが向こうの角から現れて
ぎょっとしてしばらくこちらを見つめている
「ようっ」と声をかけようとしたその瞬間にぷいっと引き返してしまった
絶妙なタイミングだ
風が吹いてきたので10枚ばかり撮って家へ入った




写真(風景・自然) ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

国宝松本城 十六夜

DSC06153-6.jpg
2017年2月12日 松本市松本城公園


Sony α7RM2
AF-S Nillor14-24mm F2.8 G ED
Adapter:Comilite ENF-E1

初めて夜の松本城を撮影したときの画像を15日にアップしたのですが

色がいまいちだったので、夜遊びの白鳥君バージョンで現像し直してみました

色のおかしな原因は、ライトアップの光と月の光と、色温度の違う光源が画像のなかで同居しているからで

そのため、撮影時設定したワイトバランスそのままでは背景全体に赤みがかぶってしまうのです

そこで試行錯誤の結果、空を別の色温度に調整し、さらに空のみ明るさを1.5EV持ち上げることでなんとか格好がついたのですが

もともと白鳥君の動きに合わせて、ISOを1250まで上げてある元画像にさらなるダメージをあたえることになりました

しかし優秀なSonyセンサーとNikonのレンズのおかげで思ったよりノイズの発生が少なく、トーンジャンプも起こる事なく

ある程度の解像感を得ることが出来ました

ちなみに、白鳥君がぶれているのは慌てた私がシャッタースピードを上げきれなかったせいで、器材や現像のせいではありません




写真(風景・自然) ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村



  






視線 Ⅱ

DSC_1659-2.jpg
2016年12月29日 地獄谷野猿公園



DSC_1766-2.jpg
2016年12月29日 地獄谷野猿公園


地獄谷の猿たちは押し寄せる観光客にはほとんど関心を示さないように見えます

猿たちの注意は同じ群れの猿たちに向けられており、たとえくつろいでいたとしても群内少しの変化にも敏感に反応します

特に子供を持つ母たちはいつも緊張を強いられている様子であり

その視線は我々の心にも迫るものがあります






写真(風景・自然) ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村




視線


2016年12月29日 地獄谷野猿公園


P1020229-2.jpg
2016年12月29日 地獄谷野猿公園

2年続けて地獄谷野猿公園を撮影してある事に気づきました

猿たちの視線です

至近距離からカメラやスマートホンを向けられても、まるで人間が視界に入っていない様子なのです

はるか昔ここを訪れたとき猿たちは人間の動きに敏感だったように思います

もっと人間を気にしており、ちょっと視線が合うと猿は身構え、身の危険を感じることもありました

再訪するにあたって、多少覚悟をしてきたのですが、猿たちと視線が合いそうな場面があまりありません

どうしてこうなったかは私には分かりません

とにかく猿の無関心のおかげで、野生の猿社会をこんな近くで観察できるのですから

スノーモンキーだけ撮って帰るにはもったいない気がします






写真(風景・自然) ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村



水車

DSC05933.jpg
2017年2月12日 安曇野市大王わさび農場




2017年2月22日 安曇野市大王わさび農場

目的は採餌する白鳥を探しに来たのですが、この場所を素通りすることは出来ません。

この水車、黒沢監督の映画「夢」の最終章「水車のある村」に登場するのはご存じのとおりです。

その水車についた氷が、傾いた午後の日に光りながらまわっておりとても美しい光景でした。





写真(風景・自然) ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村





有明

DSC06302-3.jpg
2017年2月13日 霧ヶ峰高原

有明

起伏の雪は
あかるい桃の漿(しる)をそそがれ
青ぞらにとけのこる月は
やさしく天に咽喉(のど)を鳴らし
もいちど散乱のひかりを呑む
  (波羅僧羯諦(ハラサムギヤテイ) 菩提(ボージユ) 薩婆訶(ソハカ))
                               (一九二二、四、一三)

新修宮澤賢治全集 第Ⅱ巻 P26 春と修羅



1922年4月13日は満月

賢治はおそらく小岩井周辺の原野から、この光景に近い月の入りを見たに違いありません

なぜなら童話であれ詩であれ、賢治の描写は自然現象に実に忠実だからです

起伏の雪とは、あるいは秋田駒ヶ岳に連なる山々の雪を指すのかも知れません

できれば小岩井でその情景を見てみたいというのがここ数年の願いなのですが





写真(風景・自然) ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

池のくるみ湿原越しの富士

池のくるみ
2017年2月13日 霧ヶ峰高原池のくるみ湿原

富士を含む星の軌跡を撮影する場合、夜間飛行の航跡がたくさん映り込みます

これを回避するには深夜から明け方の撮影になってしまいます

夜もだいぶ更けたこのころになると首都圏や京阪神ナンバーの車があがってきます

みなさん気を使われて、カメラのかなり前からライトを消して通過してくれます。

月の明るい夜の特典でした






写真(風景・自然) ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村