孤独の宴

秋間梅林のほとんどの梅は観賞用ではなく果実用の梅畑で
そのせいかわかりませんがほとんどが白梅で、妙義山を望む丘陵地一面に白い花が広がっています
予定より遅れて到着したこの日は晴天で、お日様はぐんぐんと高度をあげながら勢いを増し、小粒の白い花をまぶしく照らします
写真的には険しい条件となりました
寝坊した自分を呪いながら少しでも画になる所を探していたところ、畑の隅のこの木が目にとまりました
このあたりには剪定もされず放置された老木の、その枯枝の藪にわずばかり花をつけた木が目立ちます
この木もそのなかの一本ですが
忘れさられた畑の隅で健気に花をつけるその姿には、なにか心を打つものがありました
こういうワイルドな梅を撮影できるのも、ここの魅力のひとつではないかと思います
(画像の上でクリックを2回していただくと大画面でご覧になれます)

DSC07303-4.jpg
2017年3月5日 安中市秋間梅林

写真(風景・自然) ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村



スポンサーサイト