相馬野馬追2017 野馬懸(のまかけ)

3日間にわたる相馬野馬追い最終日に行われる野馬懸です
江戸時代、遠く原町区あたりから騎馬武者はここ相馬小高神社まで追い込みます。
翌日野馬懸けで御小人と呼ばれる侍に捕らえられた野馬が神馬として奉納されたと言います。
これが、今広く行われている絵馬の奉納の原型とも言われ、国の重要無形民族文化財となっています。
竹矢来に囲まれた小高神社境内に追い込まれた馬は、おみたらし(聖水)により清められた後、御小人により素手で捕らえられ神前に奉納されます


FC2 3-2L_DSC9685170731-2坂道を武者に追われ一気に竹矢来の中に駆け込む野馬
馬を追い込む経路は震災以前よりかなり短く、また追い込む馬数も5頭を3頭に縮小して行われています

NIKON D810 AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II


FC2 3-2M7R203884170731
神職が竹竿の先端につけたおみたらしをつけようとするのですが、なかなかうまく当たりません
 
SONY a7R2 FE 24-70mm F4 ZA


FC2 3-2M7R203862170731
御小人達がたてがみを掴み馬を鎮めようとしますが、逃げ回る馬に振り落とされる場面もしばしば 
SONY a7R2 FE 24-70mm F4 ZA

FC2 3-2M7R203901170731
気絶した御小人におみたらしをぶちまけ復活させるというユーモラスな演出も
しかし、実際は振り飛ばされたり、頭を踏まれそうになるようなスリリングな場面も見られます

SONY a7R2 FE 24-70mm F4 ZA


FC2 3-2L_DSC9709170731 
やっと捕らえられると、観客からも安堵のどよめきが
2017年7月31日 南相馬市相馬小高神社 
NIKON D810 AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II



写真(風景・自然) ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト