相馬野馬追2017 七年めの凱旋

相馬小高神社の地元南相馬市小高区は
大震災に続く原発事故後、昨年六年ぶりに避難指示が解除され街の活気が戻りつつあります
それとともに火の祭り(雲雀ヶ原から帰還する御行列を住民が篝火をたいて迎えたことに始まる)が復活し
そして今年は七年ぶりに御還幸の御行列そのものが復活しました
出迎える多くの住民の喜ぶ姿、知り合いと笑顔で言葉をかわしながら進む武者達
震災以前から続いてきた交歓の情景の復活する場に立ち会えたことを素直に喜びたいと思いました


FC2 3-2L_DSC9528170730 NIKON D810 AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II


FC2 3-2M_DSC9566170730 NIKON D810 AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II


FC2 3-2M7R203801170730 SONY a7R2 FE 24-70mm F4 ZA


FC2 3-2M_DSC9554170730 NIKON D810 AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II
2017年7月30日南相馬市小高区


写真(風景・自然) ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村 
スポンサーサイト

コメント

No title

おはようございます。
相馬野馬追、7年目になりますか、でもいいですねー。
この行事、これからもずーつと続いてほしいですね。
甲冑をつけての行進は威厳を感じますね。
本番が楽しみです。

No title

さゆうさん

おはようございます
いつもコメントありがとうございます。

この小高地区は南相馬市の南部で、浪江町と境を接する所に位置しするため、原発事故による残留放射線の影響で、住民が帰還できたのが昨年と言うことになります。
野馬追の行事自体は、あの大震災の年にも規模を縮小して行われています。すごいことだと思います。
Ⅰ番目の画像の騎馬武者は、行列の間終始この笑顔でした。
とても感動的でした。
非公開コメント