光芒を撮る 巣栗渓谷

ウエーダーというものを買いました
腰まである、渓流釣りなんかで使う防水性のサロペットみたいなやつ
渓谷奥深くまで差し込む光芒をダイナミックに捉えるには、川の中のここしかありません
腰まで水につかって構えると、案の定すごい光の束です
NSPAのTさんも一緒に画面にはいって頂きました
ひとしきり撮影が終わると、あまりの大げさな出で立ちにTさんも苦笑いです

FC2 3-2L7R2043611708262017年8月26日 上田市武石 巣栗渓谷
SONY a7R2 FE 16-35mm F4 ZA


写真(風景・自然) ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

No title

いつも拝見しています
一つミスがあります
栗巣渓谷ではなく巣栗渓谷です

No title

おはようございます。
これは素晴らしい、ウエーダーの威力く発揮ですね。
見事です。
右にいる人が少しばかり邪魔ですが、カットしても大丈夫のようですね。
 ウエーダーというのは、胴長と同じようなものですか?
それにしても素敵な絵を見せて頂きました。

No title

白井敏之さん

こんばんは
ご指摘ありがとうございます。
完全な思い込みでした。
最近の記事は訂正しましたが、過去分についても早急に訂正します。しかしググると出てきますねえ。困った。

No title

さゆうさん

こんばんは、Tさんは敢えて入れて見ました。
ウエーダーというのはその通りですね、釣り用の胴長です。
靴そこにフェルトが貼ってあり滑りにくくなっていて便利でした。
流れの中で膝をつけるのでギリギリローアングルで水面反射を狙えるのではないかというのも目論見の一つなんです。
非公開コメント