三番叟 鈴の段

FC2 3-2L_DSC0913170924-2


FC2 3-2L_DSC0959170924


FC2 3-2L_DSC0908170924-2

黒尉面をつけ神となった三番叟は、神の依り代である扇と神役の象徴である鈴を持つ
そして勇み足、種まき、千鳥足などの所作で舞台じゅうを丹念に踏む
<参考 「湯原神社の三番叟」>
神を招き、神と一体になり踏み鎮めると言うのが祭りの核心なのは間違いなさそうに思います
そして、こうして一連の動きを切り取ってみると、三番叟の演者の所作の見事さが際立ちます




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント